近視の種類に応じた視力回復の体操

●近視の種類に応じた視力回復の体操

視力回復の体操も近視の種類の応じてやらないと意味がありません。

近視と言うのは、「屈折系近視」と「軸性近視」の2種類に分かれます。

「屈折系近視」というのは、毛様体筋という筋肉による水晶体の厚さ調整機能が落ちている状態です。

「軸性近視」とは、眼球がラグビーボールのように長くなることで網膜の前でピントがあってしまう状態です。

強度の近視の場合は、両方の近視を持っている場合がほとんどです。

屈折系近視だけで止まっていればそれほど目は悪くなりませんが、ほとんどのケースでこの時点でメガネをかけてしまうため軸性近視が悪化しはじめます。

ただ、体操などで視力回復を目指そうとした場合、両方の近視に対応した方法よりはどちらか一方に効果のある体操を分けてやる方が効果的です。

ところで、視力の悪くなり始めた子供の悪化が成長期を過ぎると止まることはよく知られています。

遅くても高校を卒業するころには、視力の悪化はとまります。

これは眼球の発達と関係があります。

子供のころの眼球は奥行きが大人よりも短く、徐々に大人と同じような球体に近づいていきます。

つまり、この頃の眼球は変形しやすいという特性をもっているのです。

軸性近視というのは、眼球の奥行きが一般よりも長くなってしまう状態ですから、この成長期に変形を起こしやすくなるのです。