視力回復と速読

●視力回復と速読

速読は体操ではありませんが、どうも視力回復にかなりの効果があるようです。

いわゆる医学界では効果がないなどと言われていますが、自分たちが治せないからそのように言っていると無視していいのかもしれません。

所詮、西洋医学で治せる病気や疾患などの範囲は非常に狭いわけですから少し上から目線過ぎます。

本来は人間の体は、自分で治す能力があるのですから、重要なのは西洋医学をはじめ、さまざまな器具(メガネ、コンタクトも含む)に邪魔されないことが重要です。

体操にしても、人間の本来の健康を取り戻すことが重要なのであって体操が直接治療をしてくれるわけではありません。

西洋医学の即効性の効果を感じているため、時間のかかる方法には人気がありませんが最後に果実を手にするのは地道に体操などの方法を続けた人でしょう。

速読は、多くの視力回復方法と一緒になっているだけ合って、眼筋を高速移動によって鍛えることで効果があることがほぼ証明されているといえるでしょう。

いわゆる、右脳を使った速読ではなくて、目の動きを速くして文字を追いかける方の遅い方の速読が体操としては効果がありそうです。

右脳の方は、目の動きも眼筋も使いませんから、本は恐ろしく早く読めますが視力回復には効果がありません。

そういった意味では、速読を視力回復の体操として使う場合は、普通の人の数倍の速度に納まりますがそれでも一石二鳥です。