血流アップ押圧で眼筋の体操

血流アップ押圧で眼筋の体操

正確には体操ではないのですが『血流アップ押圧』という目のコンディショニング方法があります。

このコンディショニングで、視力回復はもちろん、あらゆる目の不調が改善する可能性があるのです。

老眼が解消したり、裸眼で運転免許が更新できたりなど押すだけで可能なのか不思議です。

目の不調の代名詞ともいえる近視、ドライアイ、飛蚊症などもその適応範囲です。

もっと深刻な目の病気である、白内障、黄斑変性症、網膜裂孔などまでこのコンディショニングによる目の血行改善で良くなったというのですから驚きです。

やることは、体操に近くて目の周りの筋肉をほぐしていくというものです。

眼球は頭蓋骨の間に入っていて周りを骨で守られています。

その骨と眼球の間には少しだけ隙間があるのですが、そこに指を入れるといった感じで眼筋を体操していくわけです。

目の上部、下部を目頭から目尻に向かって小刻みに10回ずつぐらい押すだけです。

押す方向に注意すれば、痛みは全くなく快適な体操です。

逆に痛みが生じるのはやり方が間違っている証拠なのでよくありません。

眼球に圧力がかかるような方向に押さなければ痛みは生じませんでの自分の押し方が正しいかどうかはすぐに分かります。

この体操は1セット2,3分かかりますが、これを毎日2回ほどやるだけですから何とも簡単な視力回復の方法です。

キーワードは、「ジワ~ッと押してパッと離す」という『血流アップ押圧』です。