骨盤刺激体操で視力回復

●骨盤刺激体操で視力回復 骨盤刺激運動は、仙骨に若干強めの刺激を与えることが目的です。 ここに刺激を与えると、頭の後ろの部分に反応が行きます。 つまり、疲れた目がすっきりして視力回復に効く刺激といえます。 若干強めの刺激ですのでやりすぎはよくない体操です。 ただ、本当に疲れている人は1回では効果が低いため3回ぐらいまでやっていい体操です。 なお、寝る前は視神経が興奮してしまって寝られなくなる可能性がありますから注意が必要です。 体操の仕方ですが、やること

血流アップ押圧で眼筋の体操

血流アップ押圧で眼筋の体操 正確には体操ではないのですが『血流アップ押圧』という目のコンディショニング方法があります。 このコンディショニングで、視力回復はもちろん、あらゆる目の不調が改善する可能性があるのです。 老眼が解消したり、裸眼で運転免許が更新できたりなど押すだけで可能なのか不思議です。 目の不調の代名詞ともいえる近視、ドライアイ、飛蚊症などもその適応範囲です。 もっと深刻な目の病気である、白内障、黄斑変性症、網膜裂孔などまでこのコンディショニングによる目の

近視の種類に応じた視力回復の体操

●近視の種類に応じた視力回復の体操 視力回復の体操も近視の種類の応じてやらないと意味がありません。 近視と言うのは、「屈折系近視」と「軸性近視」の2種類に分かれます。 「屈折系近視」というのは、毛様体筋という筋肉による水晶体の厚さ調整機能が落ちている状態です。 「軸性近視」とは、眼球がラグビーボールのように長くなることで網膜の前でピントがあってしまう状態です。 強度の近視の場合は、両方の近視を持っている場合がほとんどです。 屈折系近視だけで止まっていればそれほ

視力回復と速読

●視力回復と速読 速読は体操ではありませんが、どうも視力回復にかなりの効果があるようです。 いわゆる医学界では効果がないなどと言われていますが、自分たちが治せないからそのように言っていると無視していいのかもしれません。 所詮、西洋医学で治せる病気や疾患などの範囲は非常に狭いわけですから少し上から目線過ぎます。 本来は人間の体は、自分で治す能力があるのですから、重要なのは西洋医学をはじめ、さまざまな器具(メガネ、コンタクトも含む)に邪魔されないことが重要です。 体操に

まめに腰を伸ばす視力回復の体操

●まめに腰を伸ばす視力回復の体操 視力回復が必要なぐらい目の悪い人の傾向は、猫背の人が多いということです。 つまり、背中が丸まっていて伸びていないのですが、言い換えれば伸ばしていないといえます。 勉強や仕事で背中を丸めてデスクに向かっている時間が長いと、実は背中を丸めるストレッチをしていることになります。 そのため、皮肉にもそのストレッチの効果が出て猫背が固定化してしまうのです。 逆に言えば固定化するぐらいに集中力があるということなのですが、気分転換が足りないと言え
テレビのバラエティ番組